症状に合った対処を行うことでコストパフォーマンスを上げることが可能

サイトメニュー

イボ痔の治療

女性

病院の選び方と治療方法

いぼ痔の診察を受けようと思ったら、まずは肛門科がある病院を探しましょう。肛門科を開業している病院は単一ではなく、同時に消化器科や胃腸科などの科も、診療科として複数、診察受付をしていることがほとんどです。いぼ痔の治療は最新の手術で、切り取る手術から切らない手術へと、進化をしました。注射による治療方法です。これはかなり有効で、素早く炎症を沈静化させることができます。毎回塗り薬を貰う為に、通院するのが億劫という方は、注射による手術を行っている病院がおすすめです。また、直接患部を見て、触診をしたり、問診を詳しくしてくれたりする先生を選ぶことも必要です。本当にいぼ痔なのか、他の病気の可能性はないか、きちんと判断しなければいけません。その上で、その患者さんに適した手術と治療を勧めてくれることが、良い先生と言えます。また、デリケートな部分の治療なので、治療中には診察時の姿勢や、タオルをかけたりしてくれるのかも、気になるところですよね。その際は、病院に直接問い合わせたり、治療中の流れを説明してくれるHPがあればそちらを参考にしたりするのもいいでしょう。口コミサイトに書かれているような病院であれば、質問をしてみたり、実際に診察を受けた方の感想を読んでみたりするといいですよ。
いぼ痔は主に女性がなりやすく、7割程が女性患者と言われています。女性特有の便秘や、妊娠と出産が痔の大きな要因となっていることが多いです。症状としては、排便時の出血や、腫れた部分が肛門から飛び出てくることが主な症状です。ひどくなると出血量が増えてきたりします。元々肛門は、心臓より下にあるので、血液の循環が悪くなりやすいです。一度肛門が切れてしまったりして、そこに血液が溜まり、いぼのようなものができてしまいます。これがいぼ痔です。いぼ痔になったとしても、診察への恥ずかしさや恐怖を感じて、病院に行かない人がいます。そんな方でも、1日我慢すれば、日帰りで手術を済ますことができるのです。時間はわずか30分前後で切らずに済むので、治療後も痛みに悩まされることはほとんどありません。手術内容は、腫れているところに直接注射を打ちます。注射されたいぼが硬化し、縮小していく治療方法です。これは最新の痔の治療法です。今までは患部を切り取る手術が主流でしたが、2007年頃にジオン注という薬が開発されました。この薬が出たことにより、1週間から10日程で、完治が可能になったのです。手術後すぐに効果が現れるので、痛みに苦しむ人も楽になります。

Copyright© 2019 症状に合った対処を行うことでコストパフォーマンスを上げることが可能 All Rights Reserved.